節約・便利・お得に生活しよう!

節約しながらも、楽しく便利に暮らせるようなお得な情報を提供していきたいと思います。

抹消登記を自分でしよう

   

住宅ローンを返済し終わった場合、その土地や建物に担保として抵当権が設定されていると思いますが、銀行では抵当権の抹消まで行ってはくれません。
登記に残しておいてもすぐに問題は生じませんが、後で、建物を建て替えたり、相続したりする場合に、結局、抵当権を抹消することになります。
その時に、抹消しようとしても、書類が紛失したりしていたり、住所変更したり、銀行の名称が変わったりと手続きが大変になり、司法書士の方にお願いするとしても当初よりも割高な費用が発生することになってしまいます。
ですから銀行から書類を受け取ったら、なるべく早く手続きをした方が良いでしょう。

手続きは簡単です。銀行から書類を受け取ったら、ワードなどで登記申請書を作成し、管轄の法務局で印紙を購入し提出するだけです。

抵当権抹消にかかる費用は

抵当権抹消にかかる費用の主なものは登録免許税です。
必要な登録免許税は、抵当権が設定されている土地や建物すべての筆数×1,000円です。
もし抵当権が設定されていたのが土地と建物、それぞれ1筆ずつであれば2,000円です。

登録免許税は印紙で納めることになりますが、法務局の中に印紙を売っている場所があるので、そこで必要な金額を購入して、申請書に印紙を貼り付けます。※印紙に押印不要です。

他にかかった費用は、登記原因証明書のコピー代、家にあるコピー用紙代とプリンタのインク代ですが、5円くらいとわずかな金額です。

また住んでいる場所によっては法務局までの交通費が必要となる場合もあるでしょう。

抵当権抹消に必要な書類とは

銀行から抵当権抹消に必要な下記の書類が渡されます。

登記原因証明情報
「解除証書」「弁済証書」など、抵当権設定者(金融機関)が「住宅ローンの支払いが完了したので、抵当権を抹消してもOKです」といったことを証明する内容の書類です。
私の場合、抵当権を最初に設定した際の書類である「抵当権設定契約書」に金融機関が「弁済により債権が消滅した」旨を証明したものが渡されました。
法務局には、原本をコピーして、コピーに「原本と相違ないことを証明します」という文言と自分の住所、氏名と押印をしたものと、原本を提出しました。後日原本は返却されます。

登記識別情報または登記済証
登記識別情報とは、法務局が抵当権の登記をした時の証明書類に該当するもので、12桁のコードが分かれば大丈夫です。
登記識別情報通知書が金融機関から渡されますが、登記識別情報が記載されている部分を見えないように目隠しシールがされています。
抹消登記が終わってしまえば、今後、必要としないため、私の場合、目隠しシールをはがさず、そのまま原本のまま法務局に提出してしまいました。法務局でも確認後、処分するだけです。

会社法人等番号
昔は抵当権設定者(金融機関)の資格証明書が必要でしたが、平成27年11月2日より、登記申請書に会社法人等番号を記載することにより、資格証明書が不要となっています。
私の場合、銀行から会社法人等番号のわかる書類を渡されましたので、それを証拠書類として提出しました。

代理権限証明情報
委任状のことです。金融機関やその保証会社が抵当権を設定しましたが、「その権利者に代わって抵当権抹消の手続を代理人に委任します」という内容の委任状となっているはずです。
代理人欄が空白で渡されますので、自分の住所と氏名を記入しておきます。

そのほか、申請書は自分で作成する必要があります。次の項目で作成について説明します。

また法務局には印鑑を持っていきましょう。
修正事項があった場合、訂正印が必要ですし、申請書に捨印も必要です。

申請書の作成

申請書の用紙はA4サイズのコピー用紙で大丈夫です。内容は、以下のように打ち込みます。 ※コピー&ペーストでWORDなどに貼り付けて、必要な箇所を修正して使っていただくと楽に入力できます。

登記申請書

登記の目的    抵 当 権 抹 消

原   因    平成○○年○月○日 弁済

抹消すべき登記  平成○年○月○日受付第○○○○号

権 利 者    〇〇県〇〇市〇〇町〇〇番〇〇号

氏 名

義 務 者    東京都〇〇区〇〇丁目〇〇番〇〇号
〇〇銀行株式会社
代表取締役  〇〇 〇〇

添付書類     登記原因証明情報 登記識別情報
会社法人等番号  代理権限証明情報

平成○○年○月○日申請  〇〇地方法務局  〇〇支局 御中

申請人兼義務者代理人  〇〇 〇〇
(連絡先の電話番号 〇〇-○○○○-○○○○)

登録免許税    金  ○,○○○円

不動産の表示

不動産番号  〇○○○○○○○○○○○
所   在  ○○市○○
地   番  ○○番〇〇
地   目  宅地
地   積  ○○.○○㎡

不動産番号  〇○○○○○○○○○○○
所   在  ○○市○○
家 屋番 号  ○○番〇〇
種   類  居宅
構   造  木造瓦葺2階建
床 面 積  1階 〇〇.○○㎡
2階 〇〇.〇〇㎡

(記入上の注意点)
〇筆数が多い場合、2枚にまたがっても大丈夫です(綴じた後、割り印が必要です)。
〇原因が「弁済」とあるのは弁済証書に「弁済により消滅」となっていた場合の例です。
解除証明であれば「解除」となります。
〇権利者は自分の住所氏名を書きます。
〇申請日は法務局に提出する日です。
〇不動産番号は登記識別情報通知書を見ればわかります。

抵当権抹消登記にかかる時間は

私は今回初めて、抹消登記の手続きを行いましたが、一連の手続きすべて(銀行から抵当権抹消に必要な書類を受け取ってから、書類を作成し、法務局で受理されるまで)で1時間30分ほどで出来ました。
私の場合、家から銀行が自転車で5分、法務局も自転車で10分弱と近くにあり、たまたま、待たずにすぐに受け付けできたので、あっという間に終了しました。

法務局が混んでいる場合には待たされてしまう場合があるので、余裕をもって手続きをした方がよいでしょう。
申請の相談には予約が必要な場合もあります。

法務局で書類が受理されてから、抹消登録が完了するまで1週間かかります。

完了した場合、登録に使用した印鑑と申請した際に法務局から渡された紙をもって、再度、法務局に完了の書類及び抵当権設定契約書の原本を受け取りに行きます(3か月以内)。

自分でやるとどのくらいお得か

司法書士に抹消登記をお願いする場合の相場は1万円くらいですので、1万円ほど浮いたことになります。

銀行から抵当権抹消のための書類を受け取ったら、上記のとおり申請書を作成して、提出するだけなので、司法書士の方にお願いするための打ち合わせをしている間に完了してしまいます。

書類作成や法務局に行く手間が苦でなければ、やってみてはいかがでしょうか。

 - 知識, 節約