節約・便利・お得に生活しよう!

節約しながらも、楽しく便利に暮らせるようなお得な情報を提供していきたいと思います。

中古車の選びかた

      2016/03/21

中古車のメリット

新車と中古車と比べたときに、中古車のメリットは何といっても価格が安いことでしょう。
新車では手が出せないような高級車が中古車だと買える場合もありますし、程度の良い格安な車を買うこともできるかもしれません。
新車で買うと、本体価格のほか、いろいろなオプション代がかかりますが、すべて揃ったお得な中古車を見つけることができるかもしれません。
また人によっては、新車だと、こすったり、傷つけたりしないよう気を遣うけれど、中古車だとそこまで気を遣わずに気楽に乗れるかもしれません。車写真

中古車のデメリット

年数が経過した車、距離を走った車は、当然それだけ車は消耗してきているので、部品交換が必要な箇所が出てきます。
安い部品だけでなく高い部品もあり、それだけ新車に比べて余計に維持費がかかってきます。

年数が経過した車や走行距離が長い車の方が安く売られていて、一見お得に見えますが、消耗品の交換など必要な箇所が増えてくるので、なるべくは新しい、走行距離が短い方を選らんだほうが、長い目で見た時に、維持費が安く済みます。

中古車はすぐ壊れるのでは

新車であれば10年は乗れると言われていますが、日本車は耐久性が高く、きちんとメンテナンスをしていれば10年以上乗ることができるようです。
実際私は今まで、中古車ばかり乗っていますが、一度も大きなトラブルに当たったことがありません。
現在は、7年落ちの車を購入し、7年以上乗っていますが、全く問題なく快適に乗っています。もちろん、最低限の定期的なメンテナンスは行っています。

このように中古車であっても、きちんとメンテナンスを行われていた車であれば、長く乗ることができます。

では、きちんとメンテナンスされていた車を確認する方法を知っていますか?

定期点検記録整備簿を確認しよう

その車がメンテナンスされていた車かどうかを確認する方法は、定期点検記録整備簿を見ることです。
私が中古車を選ぶ場合、定期点検整備記録簿がない車は問題外です。その車についての手がかりがありません。
記録簿を見て、所有者が多く替わっているのは、「記録簿ではわからない何か長く乗っていたくない不満や不備があるのかも」と推測できます。

私が選ぶ場合は、ワンオーナー(前の所有者が一人)で、定期点検整備記録簿できちんと整備してあることが確認でき外装、内装ともに綺麗な状態の車であれば、前の所有者が丁寧に使っていたと推測できます。
結果的に長く乗れる可能性が高いです。

年式や走行距離のわりに本体価格が異常に安い場合、事故車の可能性も疑う必要があります。
事故車だと、フレームが歪んで、強度が弱っていることがあったり、走っているうちに思わぬ不具合が起こったり、事故になった時に、本来の衝突安全性能が発揮されないため知らずに命が危険にさらされている可能性があります。ネットで調べていくと、大体年式や、距離などで相場がわかりますので、あまりにも安い場合は注意が必要です。

事故車の判定は専門家でない私には自信はないのですが、自動車公正競争規約で定められている個所については修理歴があるかどうかを表示する義務がありますので、お店が表示してある修理歴を信頼するしかありません。
そのため、私の結論は「信頼できそうなお店を選びましょう」という一般論になってしまいます。

信頼できそうなお店の選び方

きちんとした店舗を持っているお店の方が、砂利などの場所にプレハブの小屋が立っているだけのお店よりも安心ですよね。
お店にお金をかけていないということは、逆にいつでお店をたためるため、買った後に保証を受けようと思ったら、お店がなくなっていたという事態が想定されます。
中古ショップを始めたばかりであれば、最初はそういったプレハブであっても、信頼され売れていけばお店を大きくするものです。なのでまだ実績がないのか、あまり売れていないのかもしれません。
プレハブのお店は、「店舗の維持費が安く、経費が掛からない分安く売ることができるからお得だよ」という説明をすると思いますが、そういうお店では車を売ったら売りっぱなしで、整備などを自分たちで行えないため、ちょっとした不具合の整備などもお願いできない可能性があります。

そのほか、ネットでのお店の評判も重要な判断材料ですね。

車について意欲をもって勉強しよう

車のメンテナンスについて、車検の都度、業者からきちんと説明を受けて、どういった項目があって、いつぐらい交換するのかなど勉強していけば、ある程度わかってきます。
そうなると、点検記録簿を見れば、今まで何を交換したかがわかるため、この車を買ったとしたら、次に何の交換が、いつぐらいに必要かという推測ができるようになります。
つまり中古車選びの目が肥えてきます。
もちろん、想定外の故障はつきものですので、完全に予想することは不可能です。
それでも少しの努力で、大きな差になりますので、関心を持って車に接するとお得ですよ。

 - 節約