節約・便利・お得に生活しよう!

節約しながらも、楽しく便利に暮らせるようなお得な情報を提供していきたいと思います。

モニターアームでパソコンでの作業を快適にしよう

   

今回は、モニターアームでパソコンでの作業を快適にできましたので、その報告です。

モニターアームとは

モニターアームとは、モニターを支えるための器具です。
通常は、モニターに台がついていますので、わざわざお金を払ってモニターアームを買うことはないと思います。
ただしモニターの台は製品によっては、角度を変えたり、高さを変えたりといった自由度がない物があります。安い製品では、角度を少し変えることができる程度でしょう。VDT作業を行うためには、モニターの画面を自分の体にあった適切な角度や高さにすることで、目や姿勢などへの負担を減らすことが大事です。そうせず、無理な環境でVDT作業を長時間続けるとVDT症候群といって、目の疲れや頭の痛み、体のこりが発生したりして作業を続けられなくなってしまう恐れがあります。
台の性能が優れたモニターを買えばよいのですが、今では角度や高さを自由に変えられるモニターアームで安く買えるものがありますので、台の性能が優れた高いモニターを選ぶ代わりに、安いモニターと安いモニターアームをセットで買った方がお得です。
またモニターアームですと、モニターを縦向きにセットすることができます。
なお、パソコンでは画面の表示を縦方向に変える設定は楽にできます。windows10では基本画面で右クリックし、「ディスプレイ設定」「ディスプレイカスタマイズ」で「向き」を横から縦に変えるだけです。

縦表示の良いところ

縦表示ですとホームページを雑誌のように表示することができます。
通常の横表示ですと、普通のホームページでは、左右に表示物のない開いたスペースが生じてしまうことが多いのですが、それを縦表示すると、左右の幅がちょうど良い大きさ分だけ表示されて、上下のスクロールしないと見れなかった範囲が減ります。スクロールをしなくても中身が読めるようになるので、読む時間が短縮できます。
例えば、朝日新聞のホームページですが、通常はこんな感じで表示されています。横表示

しかし同じページでも、縦で表示すると次のようになります。モニタ縦表示

一目で入ってくる情報量の違いがわかると思います。
※カメラの性能が悪くて画面が汚く見えてしまっていますが、実際はもっときれいに見れています。

モニターの縦や横に向きを変えたいときは、両手でモニターの両端を持って、回転させるだけでできます。横から縦は時計回り、縦から横は反時計周りに回転させます。

 お勧めのモニターアーム

私が購入したのは、次の商品です。
[amazonjs asin=”B003X519EU” locale=”JP” title=”グリーンハウス 液晶ディスプレイアーム 4軸 クランプ式 GH-AMC03″]

手ごろな値段でしたが、ぐらつくことなく安定して固定できました。取付用のねじや金具もセットでついていますので、開封してすぐに組み立てられます。
なお、この製品のクランプの部分は15~75mmの天板に固定できます。
私の場合は、下調べ不足で、机の下は補強の板が4隅とも張られている構造で、クランプの部分が入らなかったので、家に余っていた板を利用しました。横からみた写真
机の上に板を乗せ、その板に固定しています。板はスピーカーを重石として固定しているだけですが、今のモニターは軽量なため、安定して使えています。
角度や高さ、目までの距離が自由に変えられます。

 - 便利商品