節約・便利・お得に生活しよう!

節約しながらも、楽しく便利に暮らせるようなお得な情報を提供していきたいと思います。

コーヒー用電動ミル

      2015/12/27

一日の活動を開始する朝や、昼食の後に、温かいコーヒーを味わって飲む時間って贅沢で大事に感じます。慌ただしい毎日も、リラックスする瞬間があることによって、乗り越えられているのかもしれません。コーヒー写真

そんな時に飲むコーヒーは、もちろん缶コーヒーも悪くはないのですが、挽きたてのコーヒーを飲むのが一番贅沢ですね。
香りがとても良く、味も酸化していないため、とてもおいしく感じます。喫茶店で出されるこだわりのコーヒーを飲むのが香りや味、雰囲気も出て贅沢な時間を過ごせてよいのですが、私のように節約生活を送っている人にとっては、たまにしかできません。そこで普段コーヒーは自宅で飲むことになりますが、粉の状態ではなく、豆で買ってきて、飲む直前に自分で挽くことにしています。

コーヒーを挽くためのミルは種類がありますが、時間があるときは、私は手でハンドルを回して挽くタイプを使っています。手動コーヒーミル
ですが、忙しい日ですぐ飲みたい場合に便利なのは電動式のミルです。
手動でごりごりと挽くのも楽しみの一つですが、時間がかかってしまうのが難点です。電動式ですと、あっという間にコーヒー豆を挽いてくれます。[amazonjs asin=”B00068N40O” locale=”JP” title=”Melitta セレクトグラインド MJ-516 (ホワイト)”]

お湯も電気ケトルですぐに沸いてしまいます。下記の機種は温度調節機能があり、好みの温度でお湯を沸かせるのでお勧めです。沸騰したお湯をポットに移して、1分ほど待って85度~90度くらいのお湯でゆっくりと注いでいくと一番コーヒーの甘味とコクが引き出せるようです。この温度調節機能付きの電気ケトルであれば、好みの温度に下がるまで待たなくても済むため、時間が短縮できます。[amazonjs asin=”B006ZE8FGQ” locale=”JP” title=”TESCOM PureBlack 電気ケトル ホワイト TKE200-W”]
電気ケトルにお水を入れて、スイッチを入れたら、電動コーヒーミルでコーヒー豆を挽くと短時間で簡単においしいコーヒーが飲めます。簡単にできることが継続の秘訣ですね。
電動ミルや電気ケトルはそれほど高くないので、ささやかな趣味の時間としてコーヒーを味わいたいのであれば買いだと思います。電気ケトルはお茶やスープ、カップ麺など一台あれば便利に使えます。一日中大きな電気ポットで保温しておくよりも必要な時に必要な量のお湯を沸かした方が電気代が安いのでお得です。
100均でドリッパーやフィルターを買ってくればあとは、好みのコーヒー豆を選ぶだけです。

 - 便利商品