節約・便利・お得に生活しよう!

節約しながらも、楽しく便利に暮らせるようなお得な情報を提供していきたいと思います。

デジタル一眼カメラを使おう

      2016/03/04

写真サンプルデジタル一眼カメラというと、とっても難しく、マニアックなイメージを持つ方がいらっしゃると思います。
実際にとても奥の深い世界で、こだわり出すとお金や時間がかかるのは間違いなさそうです。明るいレンズが欲しくなったり、より高性能なカメラが欲しく成ったり、良い場面を求めて、旅行したくなったりしてくるようです。

でも上手な写真や芸術的な写真を取るのは難しくても、子供たちの表情やしぐさなどをきれいな写真で記録として残しておきたいという目的でしたら、デジタル一眼カメラを使うことで、スマホや普通のデジタルカメラとは全然次元の違う写真が撮れます。
写真については私は本当に初心者ですが、単純に子供たちのこの瞬間を残しておきたいという気持ちからデジタル一眼カメラに興味を持って、実際に入門用のカメラを数年前に買って撮影したところ、とても面白いことに気づきました。

子供はあっという間に成長しますので、その瞬間を写真に残しておくと後で振り返ってみると、かけがえのない宝となることでしょう。
私の場合、上の子たちが小さい頃に取った写真をたまたま見たときに、とても懐かしいという気持ちがこみ上げてきました。それとともに、子供たちとの瞬間を大事にしなければいけないと思いました。

デジタル一眼カメラの操作は、デジタルカメラなどとは異なるところが多く、またズームもレバーを回転させるのではなく、左手でレンズを回して行うなど、慣れていないと戸惑うかもしれませんが、使っていくうちにすぐに慣れます。

買ったのはペンタックスのK100Dsuperという機種です。K100dsuper写真
このカメラは600万画素で、今ではスマホで撮った方が高画素ですが、撮れる写真は画素数を超えてとても美しいです。かえって画素数を抑えた分、CCDが受ける光の量が増えるため、きれいな写真が撮れるようです。
実際に撮影してみると鮮やかで気持ちの良い写真が撮れます。
ペンタックのデジタル一眼カメラはKマウント対応のペンタックス用のレンズが使えるため、たくさんの種類のデジタルカメラよりも前からあるフィルムカメラのレンズが使用できます。
しかも、この機種は本体に手ぶれ補正機能が付いているため、ペンタックス用の古いレンズを使用した時に手ぶれ補正できます。
また乾電池が使えるので、エネループを使えばかなりの枚数を撮ることができますし、内蔵バッテリーと違って劣化しても安価に電池を購入することができます。
キャノンやニコンが主流メーカーのようですが、PENTAX(現在リコーイメージング株式会社)は、安価でありながら、基本性能をきちんと押さえた使いやすいカメラを提供してくれていると評判のようです。

今でしたら、中古ですが、とても安く買えるため、レンズとセットで買っても、普通のデジタルカメラより安く買うことができます。
撮れる写真は比較にならない程きれいですので、初めてのデジタル一眼としてお勧めします。
もし上手に撮れるようになってきて、この機種で物足りなくなってから、より新しく上位の機種を買えばよいと思います。同じペンタックスであればレンズは共通して使えます。

今はミラーレスといって、ファインダーがなく、普通のデジカメのように液晶を見ながら撮影する機種も出てきています。
デジタル一眼よりもコンパクトで比較的本体が安いにもかかわらず、レンズ交換ができ、コンパクトデジカメより高画質なため、お手軽なカメラとしてミラーレスは人気があります。
デジタル一眼の方が光を受け取るCCDというカメラの重要な部品が大きいので、ミラーレスよりも高画質ですが。

 - 便利商品